【活動日誌】頑張れと言うために(経4・富澤太凱)

日頃よりお世話になっております。
経済学部4年の富澤太凱です。

ここ最近良い意味でも悪い意味でも様々なニュースが飛び交っています。
激動の中、うまく説明することはできませんが感じた事を無駄にしたくないなと思う日々であります。

いよいよ入れ替え戦に向けた大一番がすぐそこまで迫っています。
ここまで全勝中の本塾ではありますが、相手は少しでも気を抜けば激戦となるチームばかりです。
チームが良い緊張感を持って試合に臨めるよう副将として、最上級生として最大限のサポートをしていきます。

その中で私は“頑張れ”という言葉に少し神経を使っています。皆さん何気なく使っているこの言葉、実は捉え方によっては毒にも薬にもなるのではないでしょうか。

頑張れと言われて嫌な気持ちになる人はあまりいないと思いますが、僕は闇雲に頑張れと言うことにすこし抵抗を感じます。理由として”人に何かを言うにはまず自分が全力でなければならない”ということです。
会場でOBの方々から「富澤どうなんだ、そろそろ出れるのか。」というお言葉を頂戴した際、素直に嬉しい気持ちと同時に不甲斐ない、情けない気持ちに襲われます。
チームの調子を更に上向きにさせることと自分が試合に出れるように努力することの両方とも手を抜くことのできないこの状況は正直本当に気が滅入りそうになります。
だとしてもバレーボールと本気で向き合うことのできる残り少ない期間を最後まで、私は自分に誇れる自分で自分と仲間に”頑張れ”と言い続けたいと思います。

乱文失礼致しました。
寒暖差も激しくなっていますので皆さま体調にはお気を付けください。