【活動日誌】頑張る(政1・吉田祝太郎)

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科1年の吉田祝太郎です。

最近はだんだんと暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今日は別府への移動日です。3月も中盤に差し掛かり、春季リーグ戦まで一月を切りました。チームは最後の仕上げの段階にきています、と言いたいところですが…残念ながらまだその段階ではありません。

本日より東京から約900kmも離れた九州へ一週間かけて練習試合をしに行きますが、これだけでもかなり大変です。スポーツは「頑張る過程こそが重要なのだ」と言う人もいます。もちろんそれは間違いなくそうだと私も思いますが、最近はその言葉に甘んじて「結果が出なくても頑張った」ことに満足してしまう人が多い気がします。しかし今の本塾は、それでは関東の1部リーグで勝っていくことはできないと思います。私は、今回の合宿ではチームを完成させるために結果を出すことにこだわりたいと考えています。

一週間後に東京に帰ってきたときには最後の仕上げの段階にきているとはっきりと言えるように頑張ってきます。乱文となりましたが、読んで下さった方々ありがとうございます。
それでは、失礼致します。