【活動日誌】雰囲気(商3・佐々木拓也)

こんにちは、日頃よりお世話になっております、商学部3年の佐々木拓也です。新型コロナウイルスが流行しつつもありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
現段階で春リーグも延期となり、開催まで1か月以上となってしまったわけですが、今できることを最大限行いつつ、月末の練習試合に向けて充実した練習を行い、良い雰囲気でチームを進めていきたいと考えています。
今年のチームの特徴はバレーボールを楽しむ選手が多い点が挙げられます。練習中にはメンタルトレーニングの成果もあってか前向きな発言が多かったり、笑顔が多かったりと明るい雰囲気で活動できていると感じています。このままの雰囲気で試合を迎え、士気の上がった状態でリーグ戦に挑んでいきたいと考えています。また私は主務なのでコートの中には入ることはできないわけですけど、チームを外から支え、雰囲気の面でもチームに貢献していかなければいけないと再度、実感致しました。
私は今のチームの明るさがとても好きです。そしてリーグ戦においてもこの明るさは必ず活きてくると感じています。リーグ戦は長丁場になりますから、当然辛い時期もあると思います。そのような困難な時期でも皆で声を掛け合って前向きに乗り越えていけたらと思っています。そして私は現在のチームの雰囲気をさらに良くしていくために最上級生としてできることを考えていきたいです。春季リーグでは成長した慶應バレー部の姿をお見せできるように頑張って活動していきたいと思います。
今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。それでは失礼します。