【活動日誌】踏み込む / 本日の練習!(政1・井出口はるな)

日頃よりお世話になっております。
法学部政治学科1年の井出口はるなです。暑さだけではなく、雨や地震など、不安定な日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今回は私がこの夏に挑戦したい事と、本日の練習の様子について書かせていただきます。長くなりますが、最後までお付き合いください。
入部してから約4ヶ月が経ちました。暫くは部に馴染む事に精一杯でしたが、幸いな事に素敵な先輩方、同期に恵まれ、心優しく迎え入れてくださったおかげで、すぐに打ち解ける事が出来たと思います。
そして、皆さんと長時間共有できるこの夏はもう一段階仲を深めるチャンスだと思っています。
ここで思い出したのが、私が 高校の時の部活でよく言われていた「踏み込む」という言葉です。簡単にいうと、伝えるという意味なのですが、「伝える」と表現しないのは、「普段の人間関係には踏み込む必要のない領域に対してあえて言葉で伝える」というニュアンスが含まれている為です。
説明が小難しくなってしまいましたが、一緒に仕事(プレーも同じだと思いますが)をしていると、言いにくい事が少なからず出てきます。普通の友達だったら言わなくて済む事ですが、過ごしてきた環境や価値観の違う私達が「友達」ではなく、同じ目標を目指す「仲間」になる為に、言葉にするのを怠らず、踏み込むことを恐れずに過ごしていきたいと思いました。
先輩方がお互いを理解し合っている様子を度々目の当たりにしますが、とても素 敵だと感じます。私も受け止める姿勢を整えますので、お互いに「踏み込み」合って、強い結束力のあるチームの一員になれたらと思います。

さて、一通り語った後で大変申し訳ございません。話を大きく変えまして、本日の日吉での練習の様子をお伝えいたします!
昨日に引き続き、本日は鈴木悠介先輩(H28年卒)、古屋陸宏先輩(H28年卒)、布川智規先輩(H29年卒)の3名の先輩方が日吉に駆けつけてくださりました!
<スパイク練に参加する鈴木先輩>

<メニュー間もトスを上げてくださった布川先輩>

<ブロックで活躍した古屋先輩>

<部員と喜ぶ先輩方>

現在日吉では少人数で練習を行っています。本日は先輩方がお越しくださり、大変充実した時間を過ごすことが出来ました。お忙しい中本当に有難う御座いました!
御多忙と存じますが、今後もたくさんの先輩方にお越し頂けたら幸いです。部員一同お待ちしております!
それでは、失礼致します。