【活動日誌】謹賀新年(総3・マルキナシム)

OB・ OGの皆様、保護者の皆様、ファンの皆様、そして現役部員、明けましておめでとうございます。
今年主将を務めます、マルキナシムと申します。
昨年中は監督、コーチ、OB・OGの皆様には多くのご指導ご鞭撻をいただきました。また、保護者の皆様、ファンの皆様には試合会場に足を運んでいただくたびに差し入れや応援をしていただきました。この場をお借りして感謝の気持ちを伝えさせていただきます。誠にありがとうございました。

今年の塾バレー部の目標は「全日本インカレセンターコート」です。つまり、日本中の大学の中で4本指に入るということです。昨年の結果はベスト16でしたので、トーナメント戦で表すともう二回勝たなければセンターコートには立てません。私はこのベスト16から8、8から4までの2戦は現状塾バレー部にとってとても大きな壁であると思います。
しかし、この壁を打ち破るために必要なことを現役部員はすでに知っています。それは、「個々人の意識」です。他大の選手たちがバレーボールをしに大学に来ているのに対し、塾バレー部には多種多様な人材がいます。これはとてもいいことではありますが、バレーをしに大学に来ている選手に勝つにはその人たち以上にバレーについて「考え」「行動」しなければ差を埋めることはできません。どんなに組織力があっても、名監督、名コーチが居ても選手一人一人に高い意識がなければ試合本番で力を発揮することはできません。バレーについて「考え」「行動」と先ほど言いましたが、幸い塾バレー部は体格に恵まれていますし、みんな頭もいいので、「個々人の意識」さえ高まればものすごい伸び率で成長することができると考えています。ですので、主将の私を始め、最上級生である3年が一番にチームのことを考え、行動し、後輩たちにいい環境を作っていかなければなりません。

簡単なことではありませんが、今の現役部員ならできることだと思います。今年は新たに間宮コーチ、大村栄養士、昨年に引き続き栗城トレーナーをはじめスポーツモチベージョンさん、堀井ケアトレーナーと、多くのサポーターが付いてくださっています。関係者の方々のおかげで環境は整いつつあります。あとは行動するのみです。

最後になりましたが、今年1年現役、OB・ OGの皆様、保護者の皆様、ファンの皆様、慶應義塾体育会バレーボール部の関係者の皆様が健康に過ごせることを願いまして新年の挨拶とさせていただきます。
今年も慶應義塾体育会バレーボール部をよろしくお願い致します。