【活動日誌】見返す(理1・赤川拓)

桜もちらほらと咲き始め、目で温かさを感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、明後日から遠征組はサントリー、ジェイテクトでの合宿、日吉組は東京学芸大学との練習試合が始まります。私は日吉組としてサーブの成長を目標としてこの数日間取り組んでいきたいと思っています。というのも、本日の練習では、NECレッドロケッツの高橋悠コーチにご指導いただき、サーブのコツを様々なメニューで練習させていただきました。

速度や打点、レシーバーとの距離など様々な視点から紐解き、実践することを繰り返す。今まで学生主体では成し遂げられなかったクオリティの練習ができ、メンバーも何か掴めた様子でした。自分は、チームの中でも特にスパイクサーブには自信があるので、この機会に他メンバーのサーブとの区別化を図り、練習試合で自分のサーブをものにして、帰ってくる遠征組を見返すと言っては不適切かもしれませんが、驚かせたいと意気込んでいます。
寒い冬を乗り越えひとまわりもふた回りも成長した慶應義塾大学男子バレーボール部を、これからも応援よろしくお願いします。
失礼します。