【活動日誌】見つめ直す(政2・勝呂亘)

日頃よりお世話になっております。法学部政治学科2年の勝呂亘です。

学ラン着用の季節となって1週間、冬の訪れを肌で感じる今日この頃ですが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
皆さまご存知のとおり、2日後に迫りました11月10日には全早慶明定期戦がおこなわれます。惜敗を喫したあの入替戦から早1週間。全日本インカレセンターコートに向けて再び歩みだしたTeam Malki を是非ご覧にいらしてください。会場は今年の早慶戦が行われた早稲田アリーナです。

さて、昨日の練習にはお忙しい中、星谷先輩(H26年卒)がいらしてくださいました。私もつとめておりますミドルブロッカーとしてVリーグで活躍されている大先輩でありますが、集合の際お話ししてくださった“当たり前を当たり前と思わない”ことについて少し書かせていただければと思います。

星谷先輩は今バレーができているのは生きているからであり環境が整っているからである、これを忘れてはいけないという趣旨のお話をしてくださいました。私もまったく同感であります。ここ数日、天災などで多くの方が被害を受けています。そのような中、全部員が元気に体育館に集合しバレーボールに打ち込めているのも大変幸福なことなのです。人はいつ死ぬかわかりません。明日か明後日か何十年後かわかりませんがこのように今日も怪我なく慶應バレー部として練習できていることを嬉しく思い、バレーボールと向き合っていきたいと考えております。この幸福が根底にあってこそ試合の内容や勝敗などにこだわっていけるのではないでしょうか。
少し壮大すぎる話となってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました。

チームは全日本インカレセンターコート目指し今日も練習に励んでおります。今後もより一層の応援よろしくお願いいたします。