【活動日誌】自己紹介(総1・永田将吾)

皆様、はじめまして。

今年度より慶應義塾大学体育会バレーボール部に入部いたしました、総合政策学部1年の永田将吾(ながた しょうご)と申します。この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。

私は、香川県立高松高等学校出身で、ポジションはリベロです。仲の良かった友達に誘われたことがきっかけで、小学校2年生の時にバレーボールを始めました。中学時代には、県選抜に選出され全国大会などの大舞台も経験させていただきました。しかし、中3の夏に大怪我をしてしまい高校は、強豪校ではなく地元の進学校に進学しました。
高校では、競技を続けるかどうか迷っていましたが、先輩や顧問の先生に声をかけていただき続けることを決めました。なかなか勝つことができず悔しい思いもしましたが、初心者が多い中で自分たちに何ができるか必死に考えました。考えながらバレーをするということを学べた貴重な3年間だったと思います。
一度バレーボールを辞めかけた自分がこのような高いレベルでプレーできていることを本当に嬉しく思います。大学進学を後押しして下さった全ての方への感謝を忘れず、誰よりも声を出しコートを走り回ります。
4年間宜しくお願い致します。