【活動日誌】自己紹介(総1・大槻晟己)

皆さん、初めまして。

今年度より慶應義塾大学総合政策学部、並びに慶應義塾体育会バレーボール部に入部しました大槻晟己(おおつきまさき)と申します。

私は大阪府清風高校出身で、ポジションはセッターです。この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。

私がバレーボールに出会ったのは小学校2年生の時です。当時、周りと比べると身長が大きかったことを理由に山王バレーボールクラブの監督をされていた先生から勧誘され、入部しました。「バレーボール選手である前に人であれ」という理念のもとで、バレーボールだけでなく、日々の生活態度など多くのことを学びました。学年が上がるにつれて練習もハードなものになりましたが、バレーボールに対する情熱は増す一方で、6年生の時には主将として夏と冬の全国大会に出場し、冬の大会では日本一になることができました。

バレーボールは中学校入学後も続け、中学3年時には凌風中、JOC京都選抜の両方で主将として全国大会に出場することができましたが、凌風中では予選グループ敗退、JOCでもベスト8という悔しい結果に終わりました。その後、高校では日本一になりたいという思いのもと清風高校への進学を決めました。

しかし高校入学後、フォームを矯正したことをきっかけにプレーがうまく行かなくなり、かなり長い間苦しむことになりました。3年時には少しづつ思うようなプレーをできるようになってきましたが、レギュラーとして試合に出ることはできず、途中交代でしかプレーできませんでした。高校在学中、チームとしては春高準優勝とベスト4を経験するなど、結果を残すことができましたが、個人としては悔しさが残る3年間になりました。しかし、コートに入れないからこそ、チームにとってどのような存在であるべきかを深く考え、チームに積極的に働きかけを行い、言葉や行動でチームに貢献し、引っ張ってきました。その経験は自分にとって得るものが多かったと感じています。

清風高校在学中に宗雲監督とお話しさせていただく機会があり、自主性を大切にしながら活動している慶應義塾体育会バレーボール部の存在を知りました。プレーヤーとして思うような活躍ができなかったことに対する悔しさ、そしてコートに入れなくてもチームをリードしてきたという自負から、大学進学後もバレーボールで日本一を目指したいと思っていた私は、慶應義塾大学への進学、そして体育会バレーボール部への入部を決意しました。

現在、慶應義塾体育会バレーボール部は関東二部リーグです。コロナウイルスの影響で春季リーグが中止になってしまうなど難しい時期ではありますが、このような時こそ私たち新入生がチームに良い刺激を与えていきたいと考えています。そしてチームの目標である一部昇格、日本一を達成するべく邁進してまいります。4年間よろしくお願いいたします。