【活動日誌】自己紹介(経1・島田航希)

皆様初めまして。

今年度より慶應義塾大学経済学部、並びに体育会バレーボール部に入部させていただく島田航希(しまだかずき)と申します。この場をお借りして私の自己紹介をさせて頂きます。

私は慶應義塾高等学校出身で、ポジションはアウトサイドヒッターを務めています。母親の影響もあり、小学校3年生でバレーボールを始め今に至ります。私が慶應義塾のバレーボールに足を踏み入れたきっかけは中学3年時、慶應義塾高等学校が高校生の憧れの舞台である春の高校バレー全日本バレーボール高等学校選手権大会、通称春高バレーに初出場したことです。その試合を生で観戦して、勉学でもバレーボールでもトップクラスであり文武両道を体現しているその様子は自分の理想そのものでした。慶應義塾高等学校に入学してからは1、2年生であと一歩のところで春高バレーへの切符を逃し悔しい思いをしました。3年生でキャプテンに就任しましたが思うように結果が出ず、春高バレーの代表校決定戦の直前でチームの主軸の選手が怪我をして試合に出れなくなってしまったこともあり正直諦めていました。しかし、怪我をして悔しい思いをした選手の為にも春高バレーに出場しようという気持ちに、気付かぬうちにチーム全員がなり、夢にまで見た春高バレーに出場することができました。不謹慎ではありますが怪我した選手がいたからこそチームが一つになれたのかもしれないし、もし怪我していなかったらもっと楽に勝てたのかもしれませがこれは言えます。どんなに不利な状況や災難でも見方、考え方を変えれば自分のチャンスや有利になりうるということです。

高校で培ったことを生かし私はアタッカーとしては身長が低いのでテクニックとレシーブ力、機動力を武器に大学の目標である一部昇格・全カレ優勝に少しでも貢献できるよう精進して参ります。よろしくお願い致します。