【活動日誌】自己紹介(経1・厳欣怡)

皆さん、初めまして。

今年度より慶應義塾体育会バレーボール部にアナリストとして入部致しました、経済学部1年の厳欣怡(げんしんい)と申します。

この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。

私は慶應義塾幼稚舎・中等部・女子高出身で八年間バレーボールを続けてきました。色々な思い出がありますが、特に自分たちのことを一生懸命に考えてくださる先生・コーチ方やどんなに辛くても頑張ろうと思えるチームメイトと出会えたこと、そしてバレーボールの多方面からの魅力を感じられたことが自分にとって一番大きな収穫だったと思います。

中でも印象的なのが高校のコーチがしてくださった、一つ一つのプレーの意味を言語化する「バレーボールの座学」という授業です。それまで感覚的にプレーをしていた私にとってはとても新鮮で、バレーボールの見方を大きく変えてくれました。それからプレーをデータ化して分析してチームに貢献するアナリストという存在に強く心を惹かれ、この度アナリストとしての入部を決心致しました。

慶應義塾体育会バレーボール部という伝統あるチームに関わらせて頂けることで、至らない点も多くあるとは思いますが、チームの勝利に貢献できるよう努めて参ります。四年間宜しくお願い致します。