【活動日誌】自己紹介(経1・下田悠生)

皆さん初めまして。

今年度から慶應義塾体育会バレー部に入部させていただいた、経済学部1年の下田悠生(しもだゆうき)と申します。この場をお借りして、自己紹介させていただきます。

私は、慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部出身で、ポジションはミドルブロッカーです。

私がバレーボールを始めたのは高校1年生の時です。中学では軟式野球部に所属していました。線が細く、野球経験も乏しかった自分はなかなか試合に出ることができませんでした。そして、高等部に入る際新しいことを始めようと思い、友達に誘われ、身長が高かったことをかわれバレー部に入部しました。慶應義塾湘南藤沢中等部に男子バレー部はなかったため、高等部のバレー部は全員が初心者からのスタートでした。自分も初めてのバレーボールに苦戦しながら監督、コーチに支えられ3年間取り組んできました。私のチームは決して強豪校とは言えず、目標も湘南地区予選を勝ち上がり、県大会に出場することでした。最後の年に県大会に出場することができ、そのときの高揚感や嬉しさが忘れられません。また、同輩や後輩など仲間にも恵まれ、楽しかった思い出が多いです。

大学でやりたいことを考えた結果、迷いましたがやはりバレーボールであると思いました。大学でもバレーボールを続けると決めた際、レベルの高いところで真剣にやっていきたいと思いました。さらに、昨年の秋季リーグ戦を見た際、先輩方の戦っている姿が力強くかっこよく、私もその輪の中でやっていきたい、4年間でどのくらいできるのかチャレンジしたいと思い、入部を決意しました。

私の高校も、慶應義塾高校と同じ慶應大学の付属校ということもあり、慶應義塾高校が春高バレーに出場した際、観戦に行きました。そこでプレーしている先輩方は私の高校バレー生活での憧れでした。そんな方々と一緒に練習できることをとてもうれしく思っています。

慶応義塾体育会バレー部は関東一部リーグに在籍していることもあり、レベルが高く、プレーヤーもほとんどが中学、高校で全国大会出場など輝かしい実績や実力を持っています。私は技術的にも体格的にも未熟でありますが、早くその高いレベルに自分も近づき、少しでもチームの力になれるように練習し、成長していけるように努力したいと思います。

4月6日の土曜日から春季リーグ戦が始まります。私のできる限りのサポートしていけるように頑張ります。
4年間よろしくお願いいたします。