【活動日誌】自己紹介(環1・谷舜介)

皆様、初めまして。

今年度より慶應義塾大学環境情報学部、並びに体育会バレーボール部に入部しました谷 舜介(たにしゅんすけ)と申します。

この場をお借りして自己紹介をさせて頂きます。
私は徳島県城東高等学校出身で、ポジションはセッターをしています。中学校1年生からバレーを始め6年間続けてきました。城東高校に入学し、中学では経験出来なかった全国の舞台で戦う機会が何度もありました。そこで全国で勝つ難しさ、他のチームとの技術、意識の差をすごく感じました。春高バレーでは勝った時の事より負けた時の事の方が今でも頭の中にはっきりと残っています。とても悔しかった。あと1点が取れず負けてしまった事もありました。しかしその悔しさがあったからこそ今までバレーを頑張ってこれたと思います。それだけでなくバレーをしていて多くの事を学びました。人とのコミュニケーションや感謝の気持ち、礼儀などたくさんあります。

バレーが出来る環境は当たり前じゃない。今こうして慶應義塾大学でバレーボール部に入れて出来る事にとても感謝しています。この感謝の気持ちを忘れずに大学4年間バレーボールに励みたいと思います。そして何事にも全力で頑張り、努力していきます。1年生らしく元気よくいろんな事に挑戦していきたいと思います。よろしくお願いします。