【活動日誌】自己紹介(環1・芳賀祐介)

皆さん、初めまして。

今年度より環境情報学部、並びに慶應義塾体育会バレーボール部に入部しました芳賀祐介(はがゆうすけ)と申します。

私は北海道の札幌北高等学校出身で、ポジションはミドルブロッカーです。この場をお借りして自己紹介をさせていただきます。

私は小学校2年生の時に知り合いの誘いでミニバスケットボールを始めました。当時から身長が大きかった私は小学校6年生まで競技を続け、札幌地区の選抜チームに選出されました。中学校に入学し、バスケットボールを続けようとしたものの、部活動が存在しなかったことがバレーボールを始めるきっかけになりました。中学校でも身長が大きく伸び、中学校三年生の時にはJOC北海道選抜に招待されていましたが学力での高校受験というのもあり、それを辞退しました。その後、無事札幌北高等学校に合格し、進学を決めました。

高校でもバレーボール部に所属し、部活動にも全力で取り組んでいましたが、それ以上に勉学に励む高校だったので、なかなか毎日満足するまで練習できる環境ではない中でバレーボールを続けていました。1年時より試合に出て、プレーをしていましたが地区予選、北海道予選では思うような結果は出せませんでした。しかし、2年時には身長と将来性に期待して頂き、北海道国体チームに選抜され、初めて全国でのバレーボールを経験しました。その成果もあり、全日本ユース候補として選考会を重ね、最終選考会まで選出されたところで新型コロナウイルスの影響で開催中止を余儀なくされてしまい、悔しい思いをしました。自分の高校では、大学受験に備えて最後の高校3年生での春高バレーは出ないため、結局、その時点では思ってもみなかった大会で自分の高校バレーは幕を下ろしました。

ドリームマッチの時に私のプレーを見た宗雲前監督に声をかけていただき、慶應義塾体育会バレーボール部の存在を知り、高校3年間で達成することのできなかった日本一の夢を叶えるために慶應義塾大学への入学を決意しました。

大学では高校での悔しい思いを忘れずに、私の武器であるブロックとスパイクで目標である一部昇格、インカレ優勝に貢献するために日々精進して参ります。4年間よろしくお願いいたします。