【活動日誌】自己紹介(環1・川除隆真)

皆さん、初めまして。

今年度より慶応義塾大学環境情報学部、並びに慶応義塾体育会バレーボール部に入部しました川除 隆真(カワヨケ リュウマ)と申します。

この場を借りて私の自己紹介をさせていただきます。

私は大阪府立豊中高校出身で、ポジションはアウトサイドヒッター、ミドルブロッカー、オポジットとしてきましたが大学ではアウトサイドヒッターを務めさせていただくつもりです。

私は中学1年生の時にバレーボールと出会いました。当時は周りより少し高い程度の身長で入部してすぐに先輩や顧問の監督の指導のおかげで先輩たちの代からユーティリティーのサブとしてベンチ入りやスタメンに選出されるなどしてきました。自分たちの代になってからもエースとしてチームを引っ張り大阪ベスト8、二年連続での近畿大会出場など遂げることができました。また、サントリーサンバースJrにも所属しベンチでしたがサブとしてチームを支えました。その後、チームとしては結果が残せても個人としての実力が足りないと感じていましたが親と相談し勉学での進学を決めました

高校は先述にもある通り、大阪府立豊中高校に進学しました。進学後、1年時からアウトサイドヒッターとしてレギュラーで試合に出場し自分たちの代でもエースとしてチームを牽引してきました。しかし、強豪私立高校に比べて練習時間も少なく、チームとしても個人としても目立った結果を残せないまま2年間を過ごしました。

高校引退後、自分の中で「もっと上の景色が見てみたい」という思いが強くなり、大学進学後もバレーボールに真剣に向き合えて勉強も両立できる環境を探していました。その時に慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスの存在と体育会バレーボール部の存在を知りました。この二つの発見は自分が追い求めている環境に対してベストな回答であると考え、慶応義塾大学への進学を目指し、そして入学、入部しました。

自分は先輩方や周りの同期に比べて圧倒的に技術、体格が劣っていますが、その中で自分だけの武器を磨き、チームとしての目標である一部昇格、インカレ優勝に貢献できるよう日々精進して参ります。

4年間よろしくお願いします。