【活動日誌】自己紹介(環1・安達龍一)

皆さん、はじめまして。

今年度より、慶應義塾大学環境情報学部に入学、体育会バレーボール部に入部させていただきます安達 龍一(あだち りゅういち)と申します。
私は、兵庫県立洲本高校出身で、ポジションはサイドアタッカーです。

私は、高校入学以前、人口がとても少ない兵庫県の離島で育ったので、小中学校共にバレーボール部がありませんでした。
そのため、部活動としてバレーボールをはじめたのは高校からでした。また、洲本高校ではインドアバレーボールと同時にビーチバレーボールも行なっていました。
楽しいというだけの理由だけではじめたバレーボールでしたが、先生、周りの環境、また身長にも恵まれ、日々全力で練習に取り組んだ結果、3年間の間にインドアバレーでは、ドリームマッチや福井国体、ビーチバレーでは、U(アンダー)カテゴリーのアジア大会、世界大会にも出場させていただきました。
このような高いレベルでのバレーボールを経験するうちに、これからも高いレベルでのバレーボールを肌で感じたい、自分もその中でバレーボールをしたいと思うようになりました。
そんな時に声をかけていただき、慶應義塾体育会バレーボール部でバレーボールを取り組むことを決心しました。

私は先輩方と比べてまだまだバレーボール経験は浅く、技術面では劣っている部分がとても多いです。それを理解した上で、日々の努力を惜しまず、自分の強みである高さを生かしたプレイと、ビーチバレーで鍛えたレシーブで、慶應義塾体育会バレーボール部に貢献したいと思います。
そして、自分がどれぐらいできるのか、限界まで挑戦していきたいと思います。
これから4年間よろしくお願いします。