【活動日誌】自己紹介(環1・内田克弥)

皆さん、初めまして。

今年度より慶應義塾大学環境情報学部、並びに慶應義塾体育会バレーボール部に入部しました内田克弥(うちだかつや)と申します。

私は島根県松江工業高等専門学校出身で、ポジションはアウトサイドヒッターです。この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。

私は小学校時に、親の影響でバレーボールを始めました。初めは遊び感覚でバレーボールを楽しみながら中学生時にJOC島根選抜に選ばれ、そこから勝つためのバレーボールを学んでいきました。練習もハードで自分もバレーボールに対して情熱を持ちましたが残念ながら私はレギュラーメンバーに入れませんでした。そこでの悔しさをバネに当時のJOCのメンバーが多く進学する松江工業高等専門学校に入学しました。

そこで、一年生時に試合に出るチャンスをもらえ、レギュラーを勝ち取ることができましたが、チームとして春高はおろか県大会の決勝にすら出られませんでした。試合後、後悔とともに、それまで口では勝ちたいといいつつも、どこかで怠けてしまっている自分がいることに気がつきました。そこで一から自分を見直し、本気でバレーボールに取り組んだ結果中国大会優勝、春高出場をすることができました。

通常、高専は5年間通学しなければなりませんが、大学でバレーボールがしたいという気持ちがあり、先生とも相談した結果、慶應義塾体育会バレーボール部に入部することを決意しました。

現在、慶應義塾体育会バレーボール部は関東二部リーグで、チームは春季リーグでの一部昇格を目指し日々練習しています。新入生としてしっかり下から支えていきたいと考えています。そして、その先にある日本一に向けて精進していきます。4年間よろしくお願いします