【活動日誌】自己紹介(法1・高橋真帆)

はじめまして。

本年度より慶應義塾体育会バレーボール部に女子マネージャーとして入部致しました、慶應義塾NY学院高校出身、法学部法律学科1年の高橋真帆(たかはしまほ)と申します。この場をお借りして、自己紹介をさせて頂きます。

私は、家族の転勤の影響により長く1つのことを続けるということがなかなかありませんでした。そのためスポーツもテニス、卓球、フィギュアスケート等様々な種類のものを短期間で経験しました。個人で行う競技が多い中、チームで行う競技であるバレーボールに熱中しだしたのは中学生の頃です。高校生の頃にバレーボール部に所属していた母の影響があったからです。役職こそ違うものの、高校では私も女子バレーボール部にマネージャーとして所属し、嬉しい事も辛い事もたくさん経験しました。高校入学時から慶應義塾体育会バレーボール部に興味はありましたが、体育会という事で大変なことは承知の上で入部を迷っていた自分がいました。高校では女子バレーボール部マネージャーの他に、合唱部、ブラスバンド部、茶道部、ロックバンド部と複数の部活に所属していた為その中の何れかを真剣に習おうと考えた事も何度もあります。しかし高校最後のホーム試合を観戦していた際、最後まで諦めずに勝とうと奮闘する同期を見て、やはり私はバレーボールが好きだ、どんな形でもいいから続けたいと確信し、入部を決断致しました。

入部して日は浅いですが、試合や練習に足を運んでくださるOBOGの方々、保護者の方々にもお会いし、皆様に支えられてチームが成り立っていることを実感しております。

まだわからないことも多く、ご迷惑をお掛けしてしまうことは多々あるとは思いますがこれからも成長し続け、皆様に応援して頂けるチームになれるよう、そしてそんなチームを支えていけるよう、精一杯尽力していきたいと思っております。今後とも宜しくお願い致します。