【活動日誌】自己紹介(法1・田鹿陽大)

皆さん初めまして。
今年度より慶應義塾大学体育会バレーボール部に入部させていただくことになった田鹿陽大(たじかひなた)と申します。よろしくお願いいたします。

私は慶應義塾高等学校出身で、高校時代はバレーボール部に所属し、ポジションはリベロを努めさせていただいておりました。この場をお借りして、少し自己紹介をさせていだたきます。

私がバレーボールをやり始めたのは中学生の時で、先輩に誘われて特にこれといった考えもなく入部し、プレーをしていました。そのせいか中学時代では個人として、チームとしてはあまり結果を出すことはできませんでした。しかし、バレーボールという競技を純粋に楽しむ様になっていました。

高校に進み、躊躇なくバレーボール部に入りました。そこで新しく出会った仲間は身長も高く技術もあり、選手としての強みを確実に持っていました。自分も彼らに負けるまいという思いでバレーボールの練習に取り組み確実にレベルアップし、全国レベルの試合や春の高校バレーも経験することができました。そのような大舞台で全国レベルのプレーを目の当たりにすることができたのはとてもいい経験だったと思っています。

しかし、選手としての限界を感じ、大学でプレーをすることを諦めました。ですが、高校での素晴らしい体験やプレーの知識と持ち前の明るさを活かし、アナリストとしてこのチームが1部リーグに上がれるように努めて参りたい所存です。これから4年間よろしくお願いいたします。