【活動日誌】自己紹介(文1・軍司歩人)

皆様、初めまして。

本年11月末より慶應義塾体育会バレーボール部に学連委員として入部いたしました、文学部1年の軍司歩人(ぐんじあゆと)と申します。この場を借りて自己紹介させていただきます。

私の出身校は東京都の私立東洋高等学校で、ポジションはレシーバーです。
私がバレーボールを始めたのは中学1年生の時、幼稚園から続けていた空手が部活動としてなかったため、先輩方に誘われてバレーボール部に入部したのがきっかけです。中学時代、東京都大会に出場するものの、1・2回戦で敗北するような決して強いとはいえない中学校にいた私は、中学3年の時に東京で開催されていた高校総体(インターハイ)を見に行った際、決勝の舞台を紫のユニフォームで戦う姿に感動し、全国大会の常連校である東洋高等学校に入学しました。

しかし、名門校のレギュラーへの道のりは甘いものではなく、2度の足の怪我も重なって試合に出場することは多く有りませんでした。それでも、仲間達と試行錯誤した末に在学中の3年とも春高バレーに出場できたことは私の強みであり自信につながっています。バレーボールの技術はもちろんのこと、人間として大きく成長することのできた高校時代は私にとって貴重な財産です。

慶應義塾大学入学後、数ヶ月間は勉強とサークル活動に励む日々でした。しかし、大学生活の中で何か目標を持って熱中できるものを見つけたいと思い立ち、松川(経1)の紹介もあって、今、入部のご報告をするに至りました。慶應義塾体育会バレーボール部という素晴らしい環境でこうしてまたバレーボールができることに感謝し、部のため、チームのため、また、個人として成長するためにこれから体育会活動に全力で励んでまいります。
よろしくお願いします。

長文失礼いたしました。