【活動日誌】自己紹介(政1・佐野文音)

皆様、はじめまして。
今年度より慶應義塾体育会バレーボール部にアナリストとして入部いたしました、法学部政治学科1年の佐野文音(さのあやね)と申します。この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。

私の母校である愛知県立旭丘高校では、全人教育のもと、文武両道を目標として部活動が非常に活発に行われております。そんな恵まれた環境の中で私自身も運動部に所属し、中学から始めたバレーボールを続けることができました。ここ数年は地区予選で姿を消す弱小チームではありましたが、高校の部活動を通じて、周りの方々への感謝や生徒主体で部を運営する難しさなど多くのものを学ばせてもらいました。

大学進学に際して、プレーとは違う形で高いレベルのバレーボールに関わりたいとは考えておりましたが、勉学との両立ができるのかという不安もあり体育会に入るか否か迷いがありました。そんな時、この男子バレー部の見学に伺う機会をいただきました。見学中に感じた大学バレーの迫力や熱気、チームの和気あいあいとした雰囲気に魅了され、また周囲の人に背中を押してもらったこともあり入部を決意いたしました。

大学一部リーグのレベルの高さに感嘆するとともに、自分の至らなさが痛感させられる日々ではありますが、伝統あるこのチームの勝利に貢献できるようなアナリストになるべく1歩ずつ成長できたらと思います。4年間、宜しくお願いいたします。