【活動日誌】自己紹介(商2・三ツ井梨々香)

皆様、初めまして。
今年度より慶應義塾体育会バレーボール部にトレーナーとして入部いたしました、商学部2年の 三ッ井梨々香と申します。

この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。

慶應義塾湘南藤沢高等部を卒業した私は、バレーボールの経験は一度もありません。しかしな がら、2015年のワールドカップバレーをテレビで観ていた私は、当時新星であった石川祐希選手のプレーに目を奪われました。そして現在、ファンとして応援していた大学バレーという憧れの舞台にスタッフとして関われていることに、大変喜びを感じております。

高校時代に弓術部で幹部を務めていた私にとって、バレーボールはもちろん、チームスポーツや 選手のサポートなど、全てが初の挑戦です。また、トレーナーという役職も体育会バレーボール 部初となります。今は心温かい先輩や同期に助けていただいておりますが、自分にできることは 何か、チームに必要なことは何か、「信頼関係」を第一に日々試行錯誤を繰り返していく所存で す。

慶應義塾大学学長を務められていた小泉信三氏が残した『練習ハ不可能ヲ可能ニス』という言 葉があります。弓道場に飾られていたこの言葉を、私は繰り返し眺めていました。そして体育会 の練習に参加している今日この頃も、常々思い出します。努力という可視化できない存在への価値観は人それぞれ異なりますが、私がすることは、仲間を信じて勝利に貢献することただ1つで す。一部昇格・日本一というチームの目標に向けて、微力ではありますが邁進してまいります。3 年間よろしくお願いいたします。