【活動日誌】自己紹介(商1・髙倉真古都)

初めまして。
今年度より慶應義塾大学商学部、並びに慶應義塾体育会バレーボール部に入部しました高倉真古都(たかくらまこと)と申します。

私は神奈川県の慶應義塾高等学校出身で、ポジションはセッターをしていました。この場をお借りして、自己紹介をさせていただきます。

私がバレーボールを始めたのは中学生の時です。渕江中の顧問の先生に、当時、周囲と比べて少し身長が大きかったことを理由に熱心に誘われ、入部を決めました。バレーボールの基礎から人として当たり前の挨拶、礼儀や生き方などたくさんのことを学ぶことができました。中学3年時、主将として掲げていた全国大会に出場するという目標を達成することができず、悔しくてたまらなかったことは今でも忘れられません。そして顧問の先生の紹介から宗雲先生に出会い、慶應義塾高等学校に入学しました。

高校3年時には主将を務め、史上初のインターハイ出場を成し遂げることができました。全国大会への出場を目標としていた私にとって、仲間と共に勝ち取った全国大会出場、こんなにも嬉しいことはありませんでした。このままの勢いで春の高校バレーに出場しようと、練習メニューの質や雰囲気など仲間と話し合い、さらなる高みを目指し練習に取り組みましたが、代表決定戦で敗れ、春の高校バレーにあと一歩のところで出場することができませんでした。この敗戦での悔しさをきっかけに慶應義塾体育会バレーボール部への入部を決めました。

現在、慶應義塾体育会バレーボール部は関東1部リーグです。私の技術や身長でプレーヤーとして活躍することは難しいかも知れませんが、これからも努力を怠らないようにします。また、練習の準備や後片付け、練習中の雰囲気作りなど、私がチームの勝利に貢献できることはいくらでもあると思っています。今はチームを支える"縁の下の力持ち"になれるよう、日々努力を積み重ねて生きたいと思います。4年間よろしくお願いします。