【活動日誌】自己紹介(商1・降小雨)

皆さん、初めまして。

今年度より慶應義塾商学部、並びに体育会バレーボール部に入部いたしました降小雨(じゃんこさめ)と申します。
私は神奈川県慶應義塾高等学校出身で、ポジションはミドルブロッカーとサイドアタッカーです。
この場をお借りして私の自己紹介をさせていただきます。

私は中学校1年生からバレーを続けています。決して強豪とは言えませんでしたが、バレーボールの楽しさを学びました。そんな中、中学三年生の夏JOC東京選抜に選出していただき全国都道府県対抗大会に出場しました。全国で勝つことの楽しさ、負けることの悔しさを知り、宗雲監督のお誘いもあり慶應義塾高等学校でバレーボールを続けることを決心し進学しました。
高校1年次には、吉田選手(法政3)、加藤真選手(商3)、加藤靖丈選手(商2)ら先輩方とともにコートに立たせていただき、春の高校バレー初出場という貴重な体験をさせていただきました。
2年次には全国大会の上位進出を目標に掲げ、自分ができることは何かを模索し続けました。残念ながら結果は満足のいくものではありませんでしたが、努力を継続することの難しさを学びました。
3年次では最高学年ということもありチームの副キャプテンとしてチームの方向性を統一する、チームを引っ張っていかなければならない実感と責任感が伴い、1.2年次に比べ1点を取ることにかける想いが大きく変わりました。
様々な考えや意見を持った優秀な選手の多いチームの方向性を一つにまとめることは難しく、意見が衝突することが多々ありましたが、高倉選手(商1)や樋口選手(経1)と協力し、日々鍛錬を重ねた結果、全国高校総体に初出場させていただきました。
しかしながら、初出場という目先の結果のみに満足してしまい、総体では惨敗。敗戦の原因を自身に向けず、ミーティングではチームメイトに辛辣な態度で接してしまうこともありました。私自身の甘さで総体での惨敗を切り替えることができず、悶々とした気持ちのまま春高予選を迎え、応援してくださる皆様の期待に応えなければならないと思う反面、自分の中で、自分は真剣にバレーボールに向き合うことができているのか?と葛藤する日々が続きました。
練習に今まで以上に身を入れチームの完成度を高めていかなければならない中でバレーボールに対する姿勢に悩むことが増えました。そのような中で自身のプレーの質が高まるわけもなく、そのまま春高予選を迎え県大会準決勝で東海大相模高校に敗れました。
引退し、大学生になる準備をしていく中で、私がこれからしたいことは何なのだろうかと考えたときに大学でバレーボールを続ける必要はないのでは?と、気持ちが揺れることがありました。「バレーボールもういっかな。」そう思っていた矢先、塾高の後輩の新人戦を見にいく機会がありました。その際に監督である渡辺大地先生から「いつかバレーボールがしたくなる時が必ず来る。だからお前には続けて欲しい。」と声をかけたいただきました。当時はあまりピンと来るものがなかったのですが、二月になり、体育会バレー部の練習に参加させていただくことが増え、大学の先輩方とプレーをともにしていく中で、高校レベルをはるかに超えた高さとパワー、スキルに圧倒され、気付いた時にはこの環境でこの先輩方と日本一を目指したい、全国大会で勝つことの楽しみを味わいたいと思うようになり入部することを決めました。

現在慶應義塾体育会バレーボール部は関東一部、ですが昨季は12位、目標とする日本一に向けて自分が部にどのように貢献できるかを常に念頭に置き、努力し続けたいと思います。
4年間よろしくお願いいたします。乱文失礼いたしました。