【活動日誌】自己紹介(商1・濱本健人)

皆さん初めまして。

本年4月より体育会バレー部に新たに入部させていただいた商学部1年濱本健人(はまもと けんと)です。
慶應義塾高校(以下、塾高)出身で、ポジションはミドルブロッカーです。この場を借りて簡単に自己紹介をさせていただきます。

私がバレーボールを始めたのは慶應義塾普通部(以下、普通部)の時でした。小学校からやっていた水泳やめ、新しい競技に取り組もうとしていた際に、和気藹々とした雰囲気に誘われ入部しました。普通部は決して強豪ではありませんでしたが、バレーの楽しみを教えてもらいました。
塾高に進学しバレーボール部に入部すると私の同学年の加藤(靖)選手(商1)、勝呂選手(政1)と出会い、切磋琢磨しました。2年時には1つ上の吉田選手(政2)、加藤(真)選手(商2)に全国大会(春高バレー)に連れて行ってもらい貴重な経験をしましたが、私の代で全国大会出場出来なかったことは後悔の限りです。自分はもっと努力出来たのではと今でも後悔しています。その思いを胸に後悔のない大学生活を過ごすべく体育会バレーボール部への入部を決めました。

他の選手のような技術も実績もありませんが、勝ちにこだわりたいと思います。勝利に貢献できるべく全力で努力、挑戦していきます。4年間よろしくお願いします。