【活動日誌】自己紹介(商1・渡邊大昭)

皆様初めまして。
今年度より慶應義塾大学商学部、並びに慶應義塾体育会バレーボール部に入部させていただく渡邊大昭(わたなべひろあき)と申します。この場をお借りして自己紹介をさせていただきます。

私は慶應義塾高等学校出身なのですが、中学校3年生までは宮城県で過ごしていました。ポジションはオポジット又はアウトサイドヒッターを務めています。私がバレーボールを始めたきっかけは小学校4年生の時、周りより身長が高く、母が経験者だったため仲の良かった幼なじみと一緒に遊び半分で始めました。

中学校3年生の時、私が所属していたクラブチームの監督から慶應義塾高等学校を勧められ、練習に参加させていただきました。その時に文武両道を目指し、本気でバレーボールと向き合っている渡辺大地先生と先輩方とに憧れ、親元を離れ厳しい環境で自分が成長するために慶應義塾高等学校に入学することを決意しました。

高校1年生の時に、高倉選手(商3)、降選手(商3)樋口選手(経済3)ら先輩方と共にコートに立たせていただき、夏のインターハイ初出場。過去の栄光にすがるのではなく、更なる高みを目指すことを学びました。2年生の時に、島田選手(経済2)、今田選手(商2)ら先輩方と困難を乗り越え、奇跡のような試合展開から春の高校バレーに出場させていただき、チームワークの重要性を痛感しました。また、島田選手のような背中でチームを引っ張る選手を目指すようになりました。しかし3年生の時には、新型コロナウィルスの影響で練習が休止してしまいました。休止中は地元の宮城県で幼なじみとビーチバレーを毎日のようにしていました。学校再開後、練習が再開するのが他校よりも遅く、練習も限られた時間でしかできませんでした。人間関係も上手くいかず、毎日が不安でした。私自身その不安を消そうと必死に練習とトレーニングに打ち込み、プレーや声でチームを引っ張っていく存在を目指していました。チームとしても田鹿選手(法法1)や細野(経済1)と共に言いたいことを言い合えるチームを目指していました。チームが1つになっていく中で春高予選では準優勝に終わり、春の高校バレーに出場が決まりました。そして、最後の春の高校バレーではベスト16という結果で終わってしまいました。自分の力不足から悔しさが込み上げ大泣きしてしまった事は今でも忘れません。

引退後の私に島田選手が「大学で一緒に日本一を目指そう。」と声をかけていただき、バレーボールプレイヤーとしても人間性としても高みを目指しながら、先輩方と共に日本一になるため、入部を決心しました。

私にとってバレーボールとはなくてはならない存在です。バレーボールに出会ったこと、バレーボールを通じて出会った先生方や仲間、当たり前のようにバレーボールができることに感謝し、慶應義塾体育会バレーボール部の勝利に貢献できるよう日々練習に励んでいきたいと思います。4年間よろしくお願いします。