【活動日誌】自己紹介(商1・加藤靖丈)

皆さん、初めまして。

今年度より新たに入部させていただきました商学部1年加藤靖丈(かとう やすたけ)です。慶應義塾高等学校(以下、塾高)出身でポジションはオポジットです。この場を借りて自己紹介をさせていただきます。

私がバレーボールを始めたのは、小学校5年生の時に町のクラブチームに体験に行ったのがきっかけです。それから中学校を卒業するまでにJOC杯など貴重な経験をさせていただきました。
塾高に進学してからは、渡辺大地監督のもとで春高出場を目標として練習してきました。思うように結果が出ないこともありましたが、春高出場が決まった瞬間の感動は今でも忘れられません。逆に自分の代では結果を出すことができず、後輩たちを勝たせてあげられなかったことが今でも心残りです。ですが、必ず悔しさをバネに再び春高出場を達成してくれると信じています。

これからリーグ戦が始まりますが、私たちのスタイルを貫き通せば勝利につながると確信しています。勝利に貢献するするために一生懸命練習してまいります。よろしくお願いします。