【活動日誌】自己紹介(商1・今田敏貴)

皆様、初めまして。

今年度より慶應義塾大学商学部、並びに体育会バレーボール部に入部させていただく今田敏貴(いまだとしき)と申します。遅ればせながら、この場をお借りして私の自己紹介をさせて頂きます。

私は、慶應義塾高校出身で主に主務として活動しておりました。中学生からバ レーボールを始めました。受験勉強に励んでいた時、自分の第一志望校である 塾高が初の春高出場、このことを耳にし自分の母と弟が自分の代わりに春高の 応援に行ってくれました。そこで見たのは全力で応援する卒業した幅広い層の 先輩方の姿だったそうです。自分の父が慶應義塾体育会ボクシング部OBのた め、聞いてはいたのですが、縦の繋がりがとても深いことを改めて知ることが でき、強い憧れを抱きました。入部してから3年間、実力が上がらず、先輩と の関係も上手くいかず、何度も退部を考えました。それでも支えてくれたのは 同期と後輩達でした。自分の代になり、このままでは何もチームに貢献できな いと思い、主務として微力ではありましたがみんなを支えよう、と活動してき ました。

憧れの春高出場が決まり、応援団や応援席の準備、当日の段取りの確 認など3年間で一番の大役を任された気分でした。直接では無いけれど自分も 少しは貢献できた様な気がして達成感を得ることができましたし、自信が少し つきました。この達成感以上のものを得るため、そして大変なことを乗り越え ることで自分が大きく変わるために慶應義塾体育会バレーボール部への入部を 決意したのが理由の1つであります。

⻑くなってしまうのですがもう2つ理由があります。 春高では、たくさんの人に助けて頂きました。後輩はもちろん、体育会バレー 部の先輩方、OBの方々にもたくさんの恩があります。高校在学中、少しでも恩 返しでチームに貢献できればいいなと考えていました。監督、佐々木主務からお話を伺い、自分の力を、僅かですが、発揮で きるのではないかと思いました。

さらに、自分が入ることで塾高で一生懸命部 活に励み色々と支えてくれた後輩も体育会バレーボール部に入りやすくなるの ではないかと勝手ながら思っていました。もしそうなればより部がより一層活 気付き、見ている人が応援したくなるようなチームになると考えています。応 援されることの強さを春高で実感した私はそう思います。これが二つ目の理由 でした。 最後に、自分は後輩が好きすぎるという性格なのですが、現体育会のOBの方々 のように、自分も歳の離れた後輩達を全力で応援したい、とずっと思っていた からです。この環境で成⻑していけばそのようなかっこいい大人になれると、なってやると決意しています。

きちんとした入部動機があっても実力が伴わねば意味がないないので、これか ら 4 年間、自己を律し、日々精進していきます。稚拙な文章ではありましたが、 最後までご覧頂きありがとうございました。至らぬ点も多々あるかと思います が、4 年間よろしくお願い致します。