【活動日誌】考える(環3・五味渕竜也)

日頃よりお世話になっております。環境情報学部三年の五味渕竜也です。
春から夏への季節の変わり目、お体には十分お気をつけ下さい。リーグ戦開幕から最終戦まで二ヶ月ほどあります。私たちの中で体調管理も戦いの一部だと考えています。

さて、他部員の活動日誌にもありましたが、今の成績は4勝4敗です。残り3戦全勝目指して日々練習しております。残り3戦勝ち抜くために必要なのは、私たちの強みである考えることだと私は感じています。私たちの目標である日本一を最終目標とし、今何をすべきか私たちは考えながら練習しています。新チーム発足当初、一年のスケジュールを把握し、最終目標を達成するために、いつまでに何をすべきか、今月は何をすべきか、今日は何をすべきか、午前中に何をすべきか、細かく明確にすることで今何をしたらいいのか部員が混乱しなくなるようになります。あくまで予定ですが、もしその予定通り進んだ時には日本一という結果になるでしょう。しかし、予定通り進むというのはとても難しいことです。それでも、目標が高いからこそ部員全員のギャップを埋めるために、今やる課題を明確にしています。それをしてくれるのは伊藤主将を筆頭とした4年生です。私たち3年生以下は4年生が出してくれた課題に自分の考えをプラスα何か付け加えてさらに良いものを作り上げることでチームが上へ上へと進んでいくのではないでしょうか。これは、部活動だけでなく自分の人生の縮図なのではないかと考えることもあります。

残り3戦、体調管理を含め全て予定通りの結果となるよう、日々課題を達成していきたいと思います。これからも変わらぬ御指導御鞭撻の程、宜しくお願い致します。

失礼致します。