【活動日誌】縦の繋がり(文4・黒坂麻莉子)

日頃よりお世話になっております。
文学部4年、渉外主務を務めております黒坂麻莉子です。

10月も中旬に差し掛かりすっかり秋めいてきました。
と言いたいところですが、この時期にもかかわらず未だに私は半袖で過ごしています。
日中は普通に汗をかくので、時々季節感が分からなくなります、、。

さていよいよ明日からリーグが再開します。
先々週の試合でフルセットの末ようやく勝利を手にした本塾ですが、油断のできない状態は依然続いています。
この2週間で通常以上に密度の濃い練習ができましたが、それはきっと他大学も同じことです。
先週のような強い執念を持って、まずは国士舘戦に臨みます!

試合会場で本塾の応援席を見ると、OBOGの皆様が必ず観戦にいらっしゃっているのをお気づきでしょうか。遠方の会場であったり、台風が接近していて悪天候の場合であっても、毎週約10人の先輩方が必ず試合へ駆けつけてくださっています。他大と比べると、やはり本塾の先輩方は現役との繋がりが特に深いと思います。(あくまで私の勝手な主観ですが…)試合終了後には差し入れをお渡しくださったり、激励のお言葉をかけてくださったり、また時には叱咤激励くださるなど、ただ試合を観て帰るのではなく現役のためを思って良い方向へ鼓舞してくださいます。
本塾のOBOGの皆様には、毎年二万円の年会費を頂戴していて、多方面でご支援を賜っているのですが、それ以外にもこうして試合へお越しくださり現役のプレーを観ていただけることも、選手たちの力になっているはずです。
皆様それぞれに生活がある中、その一部に私たち現役が関われることは本当に恵まれていることと思います。
改めて、リーグを通して試合にお越しいただいた先輩方、有難うございます。
今後とも現役のご指導ご鞭撻を宜しくお願いいたします。

それでは、今週末も本塾バレー部への応援を宜しくお願いします。
週末は雨予報ですので、会場にいらっしゃる方々はお気をつけてお越しください。
プレーヤーへの熱いご声援をお待ちしております。