【活動日誌】“縁”を大切に(文2・軍司歩人)

日頃よりお世話になっております。
文学部2年、学連委員の軍司歩人です。

今年は暖冬を言われていますが、ここ数日は大変冷え込んでおります。また、最近は猛威を振るうインフルエンザやコロナウィルスといった物騒なニュースも多く見られます。
どうぞ皆様体調にはお気をつけください。

さて、昨年の暮れに全カレを終えてから事業報告や学連主催の中学校バレーボール教室、春高バレーの手伝い等々お話ししたいことは山ほどあるのですが、新年1回目の活動日誌ということで今回は現状の報告と今年の抱負を述べさせていただきたいと思います。
先日大学の期末テストを終えてほっとするのも束の間、春リーグに向けて本格的な準備が始まろうとしております。現在男子2部所属の学連委員は私のほか同級生の2人しかおらず、少人数かつ4年生が不在の状況でスタートすることとなります。学連に入って1年が経ち仕事にだいぶ慣れてきたところで迎える春リーグですが、前回の活動日誌に書かせていただいたように上級生がいる“当たり前”が通用しない新しい環境での運営となることに不安を感じつつも大きく成長することのできるいい機会になると捉えております。
昨年の国際大会における日本代表の活躍を機に、現在バレーボールへの関心が高まっております。特に西田選手擁するジェイテクトのVリーグの試合は連日満席という状況が続いていると伺っております。東京オリンピックも控えた本年、大学バレーにおいても今まで以上の盛り上がりを見せるため広報活動に努めると同時に、選手のプレーしやすい環境を整えるため日々精進してまいります。
そのために私は今年「“縁”を大切に!感謝の気持ちを忘れずに!」を目標に掲げ活動することを決めました。バレーボールに出会い、慶應義塾体育会バレーボール部で学連として活動していること、また、これまでの活動を通して出会った人々とこれから出会うで人々といった多くの縁が重なって今の環境があると考えます。すべての縁を大切に、そして常に感謝の気持ちを持って活動して参ります。
最後になりましたが、本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
失礼いたします。