【活動日誌】総括(文4・松岡海)

寒さもひとしお身にしみるころ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。文学部4年の松岡海です。先月の全日本インカレで塾バレーボール部を引退し、私が活動日誌を書く機会も最後ということなのでこの四年間で経験したことや感じたことについて書きたいと思います。
私は慶應義塾高等学校に進学したのをきっかけに高知県から上京してきました。高校の時から大学の体育会バレーボール部と練習や練習試合をやらせてもらう機会が沢山あり、大学の先輩方と接するうちに大学に進学したら体育会でバレーボールをやるんだという強い気持ちが芽生えました。
私が体育会バレーボールに入部した頃は、関東の一部リーグで戦っていたので最初はレベルの高さやプレーの質の高さに驚いたのを今でも覚えています。そんな中1つの転機となったのが、2年生の春のリーグ戦で2部に降格してしまったことです。私は高校の時から一部のリーグ戦で戦ってきた慶應バレー部しか知らなかったので、降格が決まったときは「やばい!これからどうなるんだろう?」といった会話を交わし愕然としました。次のリーグ戦から1部昇格に向けてチームを強化していったが、あと一歩届かず一部昇格の難しさを実感し色んな試行錯誤を繰返しながら、私たちが最上級生としてのラストイヤーを迎えました。
4年生になり、増田主将と尾木副将を中心に同期でミーティングを重ね、なんとか次のリーグ戦で1部昇格出来るよう頑張って来ました。春のリーグ戦では運も味方につけ入れ替え戦に進み、国士舘大学にフルセットで勝利し一部復帰を果たせました。私はその試合を応援席でみており、勝った瞬間は1部復帰の嬉しさはあったがやっぱりコートの中で試合に出ていないと本当の感動は味わえないと痛感しました。秋のリーグ戦はリベロとしてコートの中で戦いたいという気持ちをもって、あと半年間頑張ろうと決意しました。その結果秋リーグの途中からディグリベロとして試合に出させてもらい1部という舞台で3勝をあげることができて一部残留という結果を残すことができました。先輩として後輩たちに来期も一部の舞台で勝負できる最低限の仕事は出来たので、来年のチームには是非全カレ優勝という目標に向けて少しでも近づけるように頑張って欲しいと思います。
最後になりましたが、村林部長、栗田さん、橋口さんなどをはじめとする4年間支えてくれたOBの皆様や、高校も含め7年間指導していただいた宗雲監督に感謝し、今度は自分がOBとして現役の選手をサポートしていきたいと思いました。四年間ありがとうございます。それでは失礼します。