【活動日誌】緊褌一番(法4・安部優波)

日頃よりお世話になっております。4年の安部です。

代替試合が開幕されたのがついこの間かと思いきや、先日の順位決定戦をもって今年のチームで挑む最初で最後、そして4年にとって最後のリーグ戦が閉幕いたしました。

先ずはこの様な状況下でも、開催を可能にしてくださった大学バレーボール連盟委員及び関係者の方々に心から感謝申し上げたいと思います。他競技ではリーグ戦を迎えられずに引退をしている同期もいる中、閉幕を無事迎えられたことが如何に恵まれていることか、そのありがたみを改めて感じました。

またライブ配信を通じて試合をご視聴いただきましたOBOG、保護者、そしてファンの皆様、応援誠にありがとうございました。同期である渉外主務の井出口から公開配信の案を持ちかけられた際に、立場上迷いが過りました。けれどアナリストであると同時に慶應バレー部の一部員として、一人でも多くの方に部員の勇姿、そして今年のチームを観ていただきたいという思いの下、配信に至りました。休日にも関わらず多くのアクセスをいただき、応援メッセージ等もいただき、大変力になりました。

結果としては開幕当初掲げていた全勝・2部優勝という目標には届かず、悔しくも2部4位という成績で終えることになりました。他部員の活動日誌でも見受けられる様に、各々思うこと、学んだこと、多々あるかと思いますが、この結果を経て更なる進化を遂げ、より強いチームになっていきたいと思います。

残すところ一ヶ月となったこのチームで迎えられる試合も僅かとなりました。未だ先が定まらない状況ではありますが、その期間・その試合を、どう捉えどの様な心持ちでどう過ごすか、改めてしっかりと考え終盤に挑みたいと思います。個人だけでなくチームとしても一枚岩となるべく、スタッフである私にできることは微力ではありますが、できることは全てやり尽くし、最後まで突っ走りたいと思います。

最後まで本年度のチームの応援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。