【活動日誌】絶対に勝ってやる!(総1・清水柊吾)

日頃よりお世話になっております。
総合政策学部1年の清水柊吾です。
まだまだ厳しい寒さが続いていますがみなさまいかがお過ごしでしょうか。
さて、前回の活動日誌で黒坂麻莉子先輩が少し触れていましたが、平昌オリンピックが盛り上がっていますね。私はニュースなどで結果だけを把握している状況ですが、日本はメダルラッシュだそうで、、聞いているこちらも嬉しくなります。その影響もあり、オリンピック出場選手の特集番組などをよく見ます。今回はその中で私が印象に残っているスケートの羽生結弦選手について少し書かせていただこうと思います。今回でオリンピック2連覇を果たした羽生選手ですが、その裏にはとても細かい調整と計画性、それを実現させた努力が隠されています。昨年10月に羽生選手は右足外側関節靭帯損傷という大怪我しましたが、オリンピックで勝つためのジャンプ構成を考え続け、滑れない時間も大学の勉強も全てスケートに生かした生活をしていたそうです。「絶対に勝ってやる!」という言葉を胸に計画を練り調整を確実にこなした結果、オリンピック2連覇に結びついています。
この計画性と調整という面では現在の塾バレーボール部にも当てはまる面があり、普段の練習をスケジュール化し、1つのメニューに対し意見を出し合いより効果的な練習を行っています。また、トレーニングや健康状態、各自のコンディションの管理などもトレーニング戦略班を中心にこれまでにないほど細かく取り組んでいます。私たちは「勝つ」という結果を求めてやっているわけですから、これらのことを高いレベルで継続し、ルーティン化させる必要があります。そうすることで羽生選手のように結果を出せるのではないかと思います。これから遠征や合宿が始まりその後にはすぐリーグ戦が始まりますが、高い計画性、目標を持ち、1つ1つの練習を丁寧に取り組んで行きたいと思います。
今後のオリンピックにもまだまだ目が離せません!!頑張れ!日本!!

最後まで読んでいただき誠に有難う御座います。
それでは失礼します。