【活動日誌】結果にこだわる(総1・大槻晟己)

皆様、こんにちは。
日頃よりお世話になっております。
政策学部新2年の大槻晟己です。

暑がりの私は春を通り越して夏の訪れを感じているこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、春は多くの人が『新生活』をスタートする季節です。昨年の私もちょうど今頃から慣れない一人暮らしを始めて、多少の不安は感じながらも待ちに待った大学生活のスタートに心を躍らせていたと記憶しています。
今年の私はこの春に大きく生活が変わるわけではありませんが、この区切りをいい意味で自分を変えるきっかけにしていこうと考えています。

今シーズンの私のテーマは『結果にこだわる』です。
私はこの一年で自分を見つめ直した結果、努力する過程に満足してしまう悪癖があると自覚するようになりました。心の底ではそれが自分の課題であることに気づきながらも、チームメイトなどの周りの人からかけて貰える温かい言葉に甘え、その気づきに蓋をしてしまっていたのです。

しかし、自分がこれから成長していくためには、「絶対に結果を出す」という覚悟を持って日々の生活を送ること、それが不可欠であると考えました。そのためには今までのような「努力っぽいこと」ではなく、「本当の努力」をしていかなくてはいけません。今まで以上にしんどいことや面倒くさいこと、辛いことが多くなると思いますが、今年一年やり切っていきます。

 日頃からご支援いただいているOBOGの方と会える機会が少ないのは残念ですが、だからこそ私たち慶應バレー部のパワーを届けられるよう、より一層精進して参ります。
これからも応援の程よろしくお願いいたします。