【活動日誌】私の4年間(経4・佐藤宏哉)

失礼します。経済学部4年の佐藤宏哉です。

気付けば引退から3週間が経とうとしていますが、塾バレー部に入部を決意した大学一年生の自分をつい昨日のことのように思い出すことができるのは、この4年間が本当に密度の高い日々だったからだと思います。

私の4年間は仲間達と汗を流し涙を飲みながらも必死に白球を追いかけ続けた日々、ではありませんでした。学連委員として、毎年開催される各大会を前年同様に開催することを至上命題としてメンバーと昼夜議論を交わしながら運営面に尽くしてきました。

役員の方々や各大学の関係者、更には企業の方々にお世話になりながら一つ一つの大会を準備から閉幕まで運営する経験を通じて、選手宣誓で謳われる「日頃の練習の成果を存分に発揮」することのできる場が存在する事自体がとても貴重で意義深いことであることを学ぶことができました。

一方で、このように塾バレー部に籍を置きながらも身は常に部の活動の外にあった私をいつでも体育館や部室で温かく迎え入れてくれた監督はじめ先輩方や同期、後輩達には只々感謝しかありません。この場を借りて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。

柄にもなく真面目な話をとめどもなくしてしまいましたが、これからはOBとして様々なかたちで現役部員達へのサポートに尽力し、以って塾バレー部への恩返しとしたいと思います。読者の皆様におかれましても、部への変わらぬ御指導御鞭撻の程、これからもどうぞよろしくお願い致します。

長文にて失礼致しました。