【活動日誌】目的意識(経1・下田悠生)

日頃よりお世話になっております。経済学部1年の下田悠生です。

三寒四温を実感する気温差のあるこの頃ですが、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。建て替え工事中の日吉記念館の周りの工事用フェンスも取り除かれ、部員一同胸を高鳴らせています。

新チームになり、冬からメンタルトレーニングやフィジカルトレーニングなど多くのことを試行錯誤しながら練習に励んできました。学年にとらわれない縦割り班でのミーティングの数も増え、一人一人の役割意識というのが高まっていると感じております。
その中で、練習試合が中止になるなど、つけてきた力を試す場面が減ってしまいました。実践が減ってきたときに意識することとして、練習が勝つための手段ではなく目的になってしまっていないかということがあります。多くのことに取り組むあまり目標を見失い、練習することが目的になっているという状態です。冬の期間からチームの成長のため多くのことに力を入れ、全力で取り組んでいます。そんな今だからこそ、チームの目標のため、再度個人が目的をもって行動することが求められると私は考えます。

つまり、目標である全カレ優勝、一部復帰を頭に置き、何のために練習やトレーニングをするのか考えながら取り組むことが重要であると考えます。対外試合のない中、チーム内で高め合いながらチーム全体としての力を大きくするべく切磋琢磨していきます。

多くの方に支えられ、チームを高める機会をいただけている今だからこそ、取り組む意識を上げ、大きな実りを生み出せるよう頑張ります。延期開催される春リーグで一回り大きく、強くなった塾バレー部をお見せできるよう努力します。

今後とも応援よろしくお願いします。