【活動日誌】海を越えて(政4・佐瀬琴美)

日頃よりお世話になっております。
法学部政治学科4年の佐瀬琴美です。
暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。熱中症などくれぐれもお気をつけください。

さて、私たちは8/19の慶関戦を終え、8/20〜8/24にかけて韓国合宿に行ってまいりました。今の4年生は1年の時にタイ合宿も経験しているため、幸運なことに私にとっては2回目の海外遠征となりました。前回は最下級生で今回は最上級生…と考えると時の流れは早いものです。
この韓国合宿を通して、日本にいるだけではできない経験をたくさんすることができました。使っているボールが違ったり、日本のチームとは異なるプレースタイルだったりと、最初は少し戸惑う部分がありました。しかし、ミーティングや試行錯誤を重ねて、オリンピアンのカンさんにもご指導いただき、最後には慶應バレー部としての形が見えたように思います。
また、試合が終わった後には韓国の選手と話をしたり、一緒に写真を撮ったりとそれぞれ交流を深めていました。仲良くなってなんとユニフォームをもらった部員もいました。1つの競技を通して、国を越え絆が生まれるのはとても嬉しいことですね。
プレーのみならず、韓国での生活全てが大変充実したものになりました。今回コーディネートしてくださったカンさん、奥様のキムさん、本当にありがとうございました。毎食とてもおいしい韓国料理のお店を選んでいただき、部員の喜ぶ笑顔がいつも眩しかったです。そしてリナちゃん(日本語がペラペラで、とってもかわいくて優しい高校生です!)、何から何までありがとう。

最後にもう一つ。海を越えてと言えば、2年の樫村が出場したアジアカップで、日本チームが3位に輝きました!同じチームの選手がこうして世界を相手に活躍していること、とても嬉しく思います。今後とも彼の活躍にご注目ください。

現在、企業合宿組と日吉組に分かれて練習中ですが、メンバーが帰ってくると本格的にリーグモードに突入します。皆様、お時間ありましたらぜひリーグ会場まで足をお運びください。
それでは失礼します。