【活動日誌】決断の1年(経3・富澤太凱)

皆様明けましておめでとうございます。
本年度副将を務めます経済学部三年の富澤太凱と申します。

皆様年末年始はいかがお過ごしでしょうか?
私は久しぶりに家族と旅行(グランドキャニオンなど)を致しました。父が体調不良で動けなくなったり、カメラを紛失したりとアクシデントは少なくなかったものの、久々の一家団欒は心地の良いものでした。
塾バレー部もそんな心地の良い場所になれば良いなと思いながら日誌を書いております。

<グランドキャニオンの写真>

さて、マルキ主将からお伝えしました通り今年は「全日本インカレでセンターコート」を目標に一年間取り組んで参ります。
今年は伊藤主将のように強いリーダーシップで引っ張るのではなく、「最上級生が下級生を押し上げながら行動指針となる」という道を選びました。
宗雲監督は”大変だよ”とおっしゃっていましたが、絶対にこのバレー部をより良い組織、勝てるチームにするための努力を惜しむわけにはいきません。
そのためには最上級生が常に行動指針となり後輩とともに勝つ組織を作り上げていきたいと考えております。
個人的には最上級生の役目は「決断」することとも考えています。
この1年も「決断」が必要な場面が多々あると想定しております。
最上級生はこれまでの献身と貢献の経験と知識を十二分に活かして、部としての活動価値を最大化する決断を行う役割を担っていくべきだと考えております。

マルキを支え、同期を支え、後輩を支えるという決意のもと身体を張り続ける副将でありたいと考えています。

最後になりましたが、ご関係の皆様のさらなるご多幸を祈念しております。

本年もより一層のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

失礼致します。