【活動日誌】決戦前夜(商3・加藤真)

日頃よりお世話になっております。商学部3年の加藤真と申します。記録的な大雨が降ったと思えば、連日の照りつける日射しで夏の訪れを少しずつ感じております。昼夜の温度差が大きく、体調を崩しやすい季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

部室の日誌の当番表に自分の名前が書いてあるのを見つけ今回は何について書こうかなと考えていましたが、日付を見るとまさか入替戦の前日じゃないか!!となりました。昨秋の入替戦も直前が僕の担当だったのでなにか運命を勝手に感じております。その時は、当時の渉外主務の黒坂先輩に甘えて「勝ってから日誌書きます!」と提出期限を先延ばしにしていただきましたが、期限を守ることなど当たり前の事ができない人間が下からぶつかってくる相手に勝てるのだろうかと考え、今回は決戦前日に簡単ではありますが決意表明のようなものをしたいと思います。そして勝って次の担当者の日誌を楽しみに待ちたいと思います。

今季リーグは非常に厳しいシーズンでした。春リーグ制覇を目標に準備してきたのに目に見える結果は全く出ず悔しい気持ちを通り越して虚しくなってしまいました。試合に出ている私がこう思ったので試合に出たくても出られなかったメンバーはもっと残念な気持ちを持っていたのではないかと思います。私は試合に出ている人間として、結果を出せなかった事とチームメイトにこのような思いをさせてしまった事に対する責任を感じています。私達のチームのサポート力はどこのチームにも劣らない素晴らしいものだと思っているので明日こそは今季の集大成としてかなりタイミングは遅れてしまいましたが結果を出してアナリストやマネージャー陣などのスタッフ達に恩返しが出来たらいいなと思います。そして、日頃から応援してくださるOB,OGの皆様やファンの皆様にも元気ハツラツとした慶應バレー部の最高のプレーを見て熱い応援をしていただきたいので期待して体育館に足を運んでいただければと思います。

長々と文章を書いてみましたが、少し回りくどくなってしまい書いている自分でも本当に言いたい事が言えていないので簡潔にまとめると、明日は最高の試合をして勝つので応援お待ちしております。皆様の応援が必ず力になります。一緒に汗を流しましょう!そして部員のみんな、勝ちましょう!よろしくお願いします。

明日も30度を超える真夏日が予想されます。しっかりと水分補給などをしてお身体にお気をつけてください。失礼いたします。