【活動日誌】気づき(環1・樫村大仁)

日頃よりお世話になっております。
環境情報学部1年の樫村大仁です。
学校ではテスト期間に入り、私にとって初めての春学期も間も無く終わりを迎えようとしています。

さて、先日慶應バレー部に、「株式会社スポーツモチベーション」のフィジカルトレーナー、中野ジェームズ修一さん、栗城徳識さん、吉澤和宏さんがお越しになり、ストレッチやウォームアップの指導をしていただきました。


トレーナーさんの講義の中で、右だけウォームアップして左右の動作を比較した体験型のものがあったのですが、体の軽さや動きやすさの違いを感じ驚きました。慶應バレー部では全体でウォームアップする時間をあまり取っていなかったことや、一つ一つのストレッチの意味について良く理解していなかったため、今回の講義が多くのことに気づくきっかけになりました。日々の練習でプレーを磨くだけでなく、そういったストレッチやウォームアップ、体調管理等もパフォーマンスの向上に繋がる重要な要素であると改めて学ぶことができました。ここで得たことを実践して自分に活かし、この暑い夏を乗り切って秋に成長した姿を皆様に見せられるよう努力していきます。

最後に、先日私のために祝勝会を開いていただきありがとうございました。会を通して沢山のOBの方々や保護者の皆様に応援していただいていることを実感しました。また来月に、世界選手権が控えているので、良い結果が報告できるよう頑張って参ります。

今後とも応援宜しくお願い致します。