【活動日誌】栄養講習(商2・加藤真)

こんにちは、日頃よりお世話になっております。商学部2年の加藤です。

日が経つごとに気温も上がり、心浮き立つ季節ではありますが、皆様花粉症に悩まされていませんか。私は毎日花粉症と格闘しながら過ごしております。なにか良い対処法があればご教授いただけると助かります。

ところで、本日は私の母の五十何回目かの誕生日でした。日頃からのびのびとバレーボールをやらせてくれている感謝の気持ちも帰ったら伝えたいなと思います。そして、バレーボール部の食事を、母のように管理してくださる大村さんの栄養管理講習でした。私はこの部のコンディショニングケア班として責任を持って講習に参加しました。本日の流れとしては、前回の糖質とタンパク質の大切さの振り返りと新たにビタミン、ミネラルの大切さについて学びました。さらに先日、プレーヤーは体組成検査を受け前回測定時よりも筋肉量が増えたものや、体脂肪率が減ったものが多くいて刺激を受けました。私はこれに刺激を受け、これからも継続してトレーニングとバランスの良い食事を励んでいきたいと思いました。

ところで、私は2月の上旬に左手の小指を怪我してしまいました。素早い処置のおかげで軽傷で済みましたが、1〜2週間ほどは利き手と逆の小指の怪我ですら日常生活に少なからず影響が出てストレスになっていました。今はほぼ完治し、練習に復帰することができました。リハビリ時期はボールに触れられなかったので、今はバレーボールを満足にプレーできる喜びを感じて来たる春リーグに向けた練習に取り組んでいます。

これからチームは遠征など対外試合が増えていきます。ケア班としてしっかりとチームに怪我人が出ないように目を配り、春リーグに向けて過ごして行きたいと思います。

これからも応援よろしくお願いします。
失礼致します。