【活動日誌】最終日を前に(政4・菊地海帆)

日頃よりお世話になっております。
法学部政治学科4年の菊地海帆です。
夜でも冷え込むことがなくなり、夏の訪れを感じますね。

春リーグも遂に明日が最終日となります。
4月から始まったこのリーグ。
4連敗、4連勝、2連敗と一喜一憂しながら、チーム一丸となって戦い抜いてまいりました。
このリーグを振り返るにあたり、ある言葉が浮かびます。
4年生はリーグ戦と並行して就職活動にも邁進中なのですが、とある企業の方が「失敗しないことをしないでほしい」とお話していました。
何もしなければ失敗することはないが、学ぶこともない。失敗から学び成長するから、失敗を恐れずに行動してほしい、と。

確かに失敗は誰もが恐れることですが、それ以上に学ぶことが沢山あります。
チーム発足からリーグ戦までを振り返るとどうでしょうか。
チームとして纏まらなかったときも、戦術が上手く機能しなかったり調子が上がらなかったりと目を背けたい試合もなかった訳ではありません。
沢山の失敗をして、そこから沢山のことを学んでここまで来ました。
試合に出ているメンバーや、サポートに徹してくれているメンバー、チーム全員がリーグ戦前とはまるで表情が違います。
試合前にはどうしても硬くなってしまいがちな選手たちですが、これまでやってきた練習も負けてしまった試合も決して無駄ではありません。
確実に、強くなっていると自信を持って言えます。
試合においては、ミスをしてもよい、とは言えませんが、失敗を恐れずに思い切ってやってくれれば、今の本塾なら必ず結果はついてくると思います。
と、少し感傷的になってしまいました。すみません。

兎にも角にも明日は最終日!
チーム全員で団結し全力を尽くして勝利と笑顔を皆様にお届けしたいと思いますので、どうぞ応援の程よろしくお願いいたします!

P.S. 私事ではありますが、リーグ戦最終日である明日は私の誕生日です。勝利が一番のプレゼント!ということで全力の期待をして明日を迎えたいと思います。笑

それでは失礼いたします。