【活動日誌】時間の使い方(商1・高倉真古都)

日頃よりお世話になっております。商学部1年の高倉真古都です。
8月も終わりに近づいてまいりました。まだまだ暑い日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
現在私達は、8月の中頃に関西方面に1週間程の合宿、さらに先日まで‪長野県で3‬泊4日の合宿を終えたばかりです。どちらの合宿も恵まれた環境のなかでバレーボールに打ち込むことができました。
この2つの合宿で私がよく考えていたことは、「時間」です。例えば、宿舎から体育館へ移動する時間やストレッチを行う時間、睡眠時間に至るまで、時間には敏感になることが多いのが合宿です。もちろん、普段から時間を意識していないわけではないですが、合宿ならではの部員で寝食を共にし、同じ「時間」を共有する分、部員同士の繋がりも強くなったと感じています。効率的かつ有意義な時間の重要性を再認識することができました。
あと2週間ほどで、秋季リーグが開幕します。絶対に関東1部リーグに復帰するために、圧倒的な技術、高さ、パワー、気合を得るべく、チーム一丸となって、これからの時間を有効活用していきたいと思います。
乱文失礼いたします。