【活動日誌】日々成長(経2・下田悠生)

日頃よりお世話になっております。
経済学部2年の下田悠生です。

この一週間の間に冷気が一段と深まり冬の訪れを感じるこのごろでありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私たちは体調管理に気を使いながら来週に迫る全日本インカレに向け取り組んでおります。

今回は、来る全日本インカレに向けての塾バレー部の取り組みについてです。一回戦となる福山平成大学との試合まで練習できる日は残りわずかです。このわずかな期間を大会前の調整に使うチームが多いと考えられます。しかし、塾バレー部はこの期間を宗雲監督の仰っていた成長できる期間と捉え、毎日の練習で一人一人レベルアップしています。全日本インカレは連戦となるため、一人一人の地力の増加は必須です。ワンプレーワンプレーに集中し、チーム一丸でこの短い期間を有効活用し、さらなる成長に繋げていきたいです。

また、私たち下級生にとっては4年生と同じコートに入れる残り少ない期間です。この貴重な期間で多くのことを吸収し、4年生から認めてもらえるような存在になれるよう努力いたします。

今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、イレギュラーなシーズンとなりました。今年唯一ともいえる公式戦であり、日本一を狙える最初で最後の出場機会である全日本インカレを納得いく結果にできるように日々成長し、もう一段階レベルアップした塾バレー部をお見せできるようにします。応援のほどよろしくお願いします。