【活動日誌】新記念館見学(政4・井出口はるな)

日頃よりお世話になっております。
法学部政治学科4年、渉外主務を務めております井出口はるなです。

新型コロナウイルスの第二波到来が懸念される中ではございますが、皆さまお変わりなくお過ごしでしょうか。私はお家で時間を過ごす中で、プロ野球に興味を持ち始め、先ずは父の影響を受けて広島カープの選手から勉強しています。初の無観客試合ということで、コロナ禍におけるスポーツの在り方についても考える機会となっております。

6月25日に佐々木主務、勝呂副務と共に新日吉記念館の使用説明会に参加しました。
妥協一切なしの自粛生活を続けている私にとって、久しぶりの外出、約3か月ぶりの日吉キャンパス、さらに初めての記念館見学であり、やや緊張気味で同行しました。
4月末ぶりの日吉キャンパスは緑が生い茂っており、夏の訪れを感じました。

消毒と体温測定を経て、徹底的なコロナ対策のもと、いざ記念館へ!
許可をいただきましたので、少しお写真を掲載致します。

<2階観客席から見た様子>

<ステージから見た様子>

<ロビーブース>

新築特有の香りが漂い、ロビーブースや広いホワイエ、4階に及ぶ観客席とまるで外部のアリーナの様でした。
広い記念館で久しぶりにバレーコートを訪れ、思わず「こんなにバレーボールのコートって小さかったっけ」と話し合いました。コートを守り切れそうな、良い錯覚が生まれるかもしれません。
記念館で練習や早慶戦が出来る日が待ち遠しくなりました!

最後に、使用に関する説明を聞いてまいりました。
常時のルールから、コロナ禍における特別ルールまで、責任持って聞いてまいりました。
一刻も早く皆で練習を再開したい気持ちは山々ですが、先ずはコロナの感染拡大防止が最優先事項です。
健康第一を念頭に置きルールを徹底した上で、どんな形でも練習を再開できればと思いました。
しばらく練習見学に来ていただくことも難しくなりますが、新記念館及び部員が元気にプレーする姿を心置きなく見ていただける日が来ることを心待ちにしております。

さて、25日よりInstagramにて新しい広報企画が始動しました。その名も「#慶應バレー部他己紹介」です!
少しでも多くの方に部員を知ってもらい、サポーターが増えて欲しいという想いで高橋渉外副務が企画してくれました。毎日同じポジションの部員が、いち押しの写真と共に紹介致します。
仲間のみが知る意外な一面やエピソードが分かる企画になるのではないかな、と思います!

是非お時間のございます時に覗いていただけますと嬉しいです。
↓Instagramは下記のリンクよりご覧になれます↓

https://www.instagram.com/keio_official_volleyball/

学連より現時点での秋季リーグ戦の開催方針が発表されました。
私達は活動自粛期間もオンライントレーニング、オンラインミーティングに継続的に取り組んでおります。また、授業外の時間を縫って各自、自主トレーニングに励んでいます。より強度を高めようとトレーニング班が中心となって、トレーナーの方と相談したり、自粛期間中の食事について管理栄養士の方に質問をしたりと、各々の部員が自主的に動いております。

試合がどの様な形で開催されるか分かりませんが、引き続き今できる事は何かを考えて取り組んでまいります!
今後とも本塾バレー部の応援を宜しくお願い致します。
失礼致します。