【活動日誌】新年のご挨拶3(政3・勝呂亘)

平素より塾バレー部をご支援いただいております皆さま、明けましておめでとうございます。
本年度主務を務めます法学部政治学科3年の勝呂亘と申します。よろしくお願いいたします。

昨年中はこのような状況下にもかかわらず、多大なご支援を賜り誠にありがとうございました。
部員一同、バレーボールができるありがたみを肌で感じた1年間となりました。

さて、本日は1月3日ということで三ヶ日も最終日となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
明日からお忙しくなる方も多いと思われますので、ぜひ本日中に一昨日の小出主将、昨日の永田副将の日誌も併せてお読みいただければと思います。

概要だけお伝えいたしますと、小出主将はチームスローガンについて、永田副将はビジョンの共有についてお話いたしました。これらをお読みになった前提で私は「応援されるチーム」についてお話させていただきます。

私たち新チームは前半シーズンの目標として「1部にふさわしいチーム」を全力で目指し、その結果として昇格を狙っております。この実現には①ふさわしいチームへ成長する段階、②ふさわしいチームになって入替戦を戦う段階、このどちらにおいても皆さまのご支援が必要不可欠となります。昨年中はコロナウイルスの影響でなかなか直接応援にいらしていただくことができず非常に悔しい思いをいたしました。しかし、上記の目標を実現するには、ご支援くださる皆さまと現役が今一度力を合わせる必要があるのです。コロナウイルスの影響で先が読めないのが現状ではございますが、このような活動日誌やライブ配信などで今後も塾バレー部の現状をお伝えしてまいります。ですので、どうか私たち新チームが成し遂げる「挑戦と変革」に興味を持って、ご支援いただけませんでしょうか。ご支援いただく皆様にとっても、面白いチームになることは間違いございません。

長くなりましたが、最後までお読みいただき誠にありがとうございました。1日も早いコロナウイルスの終息と、皆さまのご健康・ご多幸をお祈り申し上げます。