【活動日誌】新年のご挨拶2(総3・永田将吾)

明けましておめでとうございます。
本年度副将を務めます、総合政策学部3年の永田将吾です。昨年中は、多大なるご支援を賜り、誠にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

昨日の活動日誌で主将の小出が記載していた通り、今年のチームは「昨日の自分を超えてゆけ」というスローガンのもと「家族」のようなチーム形成を目指して活動していきたいと考えております。このスローガンになった経緯などは、昨日小出が説明してくれているため割愛させていただきますが、副将としてこの目標を達成できるよう全力で小出を支え、チームを引っ張っていきたいと考えております。

その上で私は、今年のチームの前期目標を達成するために必要だと考えていることについて書きたいと思います。それはチーム全員でビジョンを共有するということです。特に前期は、入れ替え戦で勝った瞬間のイメージを、全員で日々共有する必要があると考えています。最後の一点を取り、喜んでいる瞬間を全員が頭の中に描けていれば、自ずと今自分が何をすべきかわかるはずだからです。チーム全員が同じイメージを持つのは簡単なことではありませんが、最上級生としてそれが 実現できる環境を作っていきたいと思います。

依然として新型コロナウイルスが猛威を振るっております。先行きが不透明な環境が続きますが、現状に屈することなく今この瞬間を全力で生きることで良い1年にしていきましょう!

本年も何卒宜しくお願い申し上げます。