【活動日誌】新たなる一歩(商1・濱本健人)

日頃よりお世話になっております。商学部1年濵本健人です。
9月も半ばに入り、練習後には少し肌寒さを感じる季節になってきましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
さて、私事ではございますが、この秋季リーグより、アナリストを務めさせていただくことになりました。7月の半ば頃伊藤主将よりお話を頂き、佐瀬先輩や菊地先輩など多くの方からの話を受け、アナリストを始めることになりました。
私自身入部当初より他の同期はスタメンやユニフォームを着て、1年時からチームに貢献している姿を見て、何か貢献できることは無いかと模索していた矢先に、このお話頂き、非常に光栄に思っております。私のデータが25点のうちの0.1点にでもなればという気持ちで取り組んでおります。
アナリストを始めてまだ2ヶ月ですが少しずつバレーボールの見方というものに自分の中で変化が出てきたのではないかと感じております。例を挙げると、同じ高さの視線で見るのではなく、パソコン上でより空間的に認識することで選手では感じ取れないことも気づけるのではないかと考えております。
まだまだ未熟ではありますが、これから慶應義塾体育会バレーボール部をバックアップできるようなアナリストへ精進いたしますので、今後もよろしくお願いいたします。
失礼いたします。