【活動日誌】新日吉記念館!(法3・高橋真帆)

ご無沙汰しております。

渉外副務を務めております3年の高橋真帆です。

緊急事態宣言がついに解除され、外を見てみると歩く人々が見えるようになってきた今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

少し肌寒さの残る日々もある3月末・4月の外出自粛期間が過ぎ去り、気づけば梅雨入りという言葉を耳にするようになるくらい夏が目前まで近づいてきていました。新年度も始まっておりましたが、オンライン授業を春学期中は行っていくことが決定しており、また練習も行えていない状況だったために3年生になったという実感は全くわいておりません。

日吉キャンパス・体育館の空気や全体練習を行っていた日々が懐かしく思えてきますが、正式に練習ができるまで、そして新型コロナウィルスがあと少しでも快方に向かうまで自分のためにも家族や他の人のためにも最低限の外出にとどめた生活を送っていきたいと思います!

さて、そこで先日監督より日吉記念館のお写真をいただきました。公式ホームページの日吉記念館というページには旧記念館の写真も掲載しているため、ぜひ見比べてみてください!記念館の横を通った際には窓からチラッと、新しくてとても綺麗で機能性に優れていそうな記念館内が見えておりました!

私は旧記念館での練習には参加したことがないのですが、練習をしていた際に慣性系に日に日に近づいていく姿やこの写真を見て、日吉記念館への楽しみがどんどん募ってきています!練習が再開された頃には新入部員も増えていたり、この日吉記念館で練習ができたりと自粛前とは異なる点が多々あるかとは思いますが、その全てを楽しみに今は自宅での「できること」を頑張っていきたいと思います。

全国的に緊急事態宣言解除にはなりましたが、今日も新規陽性患者数は0ではありません。どこかにまだウィルスは潜んでいるということです。九州地方でもクラスターと思われる感染が発生しているので、「自分は大丈夫」と思わずにしっかりできる限りの予防をしていきましょう!練習や試合会場で皆様とお会いできる日が1日でも早く来ることを部員一同心より楽しみにしておりますので、皆様それまで体調にお気をつけてお過ごしください。

失礼いたします。